いらっしゃいませ!

代表ごあいさつ

新生屋食品店紹介写真

こんにちは! 新生屋食品店の代表取締役社長兼店長、萩島由太(はぎしま・ゆうた)でございます。

新生屋食品店は1948年に創業。古くから肉の街として知られる神戸市長田区の本町筋商店街で和牛・ホルモンを販売しております。

店舗近くには牛・豚の販売を行う神戸市中央卸売市場西部市場があり、当店ではその市場から直接、牛肉、ホルモンを仕入れています。

市場から直接仕入れるため、三代目の店主の萩島由太が自らの目利きで一頭買いした特選の和牛を、仲卸業者を通さないリーズナブルな価格で販売できます。

卸売業では、高級ステーキハウスや老舗焼き肉店で提供されている最高級の肉を扱っており、店頭では同じ品質の商品を扱っております。

代表取締役社長兼店長の萩島由太について

私は昭和62年生まれの30代で、まだまだ若輩者ではあります。また、先代である祖父のあとを継ぎ、仕事を覚え始めたのは平成22年からと、職歴も浅いです。

しかも、私の店舗がある長田区には、古くから食肉文化が根付いており、競合他社といえる多くのお肉屋さんが混在しており、厳しい環境にあります。

しかしながら、当店の近隣にある有限会社マルヨネ様、株式会社庄田軒精肉店様をはじめ、多くの競合ともいえる同業他社の方々に「お兄ちゃん、頑張りや」「困ったことがあったら何でも言ってな」と、新参である私に、自らの熟練の技術を隠すこと無く、多くのことを教えて頂いたおかげで、大きく成長することができ、今日があります。

ビジネス業界では、ビジネスに大事な「あいうえお」があるとよく言われます。

あい=愛

う=運

え=縁

お=恩

ですね。

私は実力ゼロで正直これまでこのあいうえおだけで乗り切ってきました(笑)

これからも皆さんのご縁を大切にし、頑張っていきたいと思っております。

関係役職

  • 神戸食肉市場協同組合 副理事長(現任・2019年5月〜)
  • 神戸食肉青年会 副会長(現任・2017年11月〜)

最上級の国産黒毛和牛のみ販売しております

最近は、牛肉の相場も非常に高くなっていますが、私の方針で、たとえ高くても最上級の牛肉を仕入れるよう努めております。

やはり、悪かろう安かろうでは、いずれお客様に見放されてしまいます。

最上級の牛肉を仕入れることにより、薄利であっても、家族経営の小さなお店ですので経営が成り立ちます。

リーズナブルな価格での販売を心がけ、薄利多売をモットーとしております。

ぜひともお立ち寄りください。

萩島由太の秘密

前職では配管工のほか、パチプロもやっていました(?)

スロットでも十分に生計が成り立っていたので、経営者に向いているのではないかなと勝手に思っております(笑)

プロ野球は西武ライオンズのファンです。

趣味は、キックボクシングジムでトレーニング(かっこいいでしょ)、プロレス観戦、お肉の食べ歩き。休日はいつも妻と2人の娘と色々な所へおでかけしています。

ホルモン屋のくせに、もともとホルモンは嫌いでした(笑)

おかげさまで最近はかなり食べられるようになりました。

このような私ですが、今後とも、新生屋食品店をよろしくお願い申し上げます。

さらに詳しいことは↓に書いておりますので、よければご覧ください。

三代目店主

代表取締役 萩島由太

PAGE TOP